読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会学者の研究メモ

はてなダイアリーから移転しました。

社会福祉士試験(社会学分野)続き

社会学

2005年度の問題。

おっと、学説が少ないですねえ。作問担当者によって傾向にかなり変動があるようです。

あと、学説については最近の理論よりは古典を重視してますね。現在では都市社会学といえばフィッシャーですが、名前は挙がっていません。(関係ないですが、磯村、鈴木両先生はどちらも東洋大学。)

やっかいな点は、2006年の問題にも言えますが、政府調査の結果(概要レベル)をふまえた知識問題が多いということ。大きな調査の実施年度のタイミングにそろえているわけでもなさそう。就業構造基本調査は2002、2007だし。

ニートや環境問題とか、時事的な問題も多いので、日頃新聞をよく読んでおくってのも対策になりそう。といっても2006では傾向が違うんだよなあ〜。予想が難しい。