読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会学者の研究メモ

はてなダイアリーから移転しました。

Stataによる予測値のプロット(2)

計量分析

logitシリーズの順序ロジットの場合です。sdlは性別分業態度(値が高いと保守的)。ちょっと気が進まない方法ですが、prgenというユーザ定義のコマンドを使うと簡単です。prgenはspostというシリーズに入っています。事前に"findit spost"をしてインストールしておくといいでしょう。

use http://homepage3.nifty.com/sociology/data/predict, clear
qui ologit sdl male col age
prgen age, gen(psdl)
tw line psdls* psdlx, scheme(economist)

これで累積確率をプロットできました。今度は学歴を平均値として、性別ごとに"4番目"のカテゴリーをとる確率をプロットします。

use http://homepage3.nifty.com/sociology/data/predict, clear
qui ologit sdl male col age
prgen age, gen(psdl_female) x(male==0)
prgen age, gen(psdl_male) x(male==1)
tw (line psdl_femalep4 psdl_femalex)(line psdl_malep4 psdl_malex), scheme(economist) legend(order(1 "Female" 2 "Male"))

さて多項ロジットですが、adjustのprオプションが使えないようなので、前回紹介したマニュアル的方法を使う必要があるかもしれません。多項ロジットで共変量を平均値にして予測値をプロットする際に、より簡単な方法を知っている方がいたら教えてください。