読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会学者の研究メモ

はてなダイアリーから移転しました。

集団・組織

『制度』に引き続き、東京大学出版会の「社会科学の理論とモデル」シリーズを読んでみました。

集団・組織 (社会科学の理論とモデル)

集団・組織 (社会科学の理論とモデル)

すごく勉強になりました。以下、気づいた点。

  • 55頁あたりでレント・シーキングを「政府の失敗」と位置づけていますが(G. Tullockがそのように書いているらしい)、これって一般的なんでしょうか。確かに政府の失敗はレント・シーキングの典型例だと思いますが、企業内のインフルエンス活動(上司にヘコヘコすること)なんかもレント・シーキングだとすれば、レント・シーキング=政府の失敗とまではいかないような。
  • 50頁の「大村邦博」(と52頁の「大村」)というのは「木村邦博」の間違いでしょうね。「社会的ジレンマ」の文脈ですし。人名だから少し気になりました。