読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会学者の研究メモ

はてなダイアリーから移転しました。

もろもろお知らせ

年末も近づいてきましたが、いくつかお知らせです。 『パネルデータの調査と分析・入門』出版 パネルデータの調査と分析・入門作者: 筒井淳也,水落正明,保田時男出版社/メーカー: ナカニシヤ出版発売日: 2016/11/30メディア: 単行本この商品を含むブログを見…

新刊『結婚と家族のこれから』のお知らせ

拙著の新刊、『結婚と家族のこれから:共働き社会の限界』が6月16日に発売されます。Amazonでは書影も出て、予約をすることができます。長いスパンを視野に入れて、家族と共働き社会を相対化する視点から、その意義と限界について論じています。結婚と家族の…

『仕事と家族』重版

おかげさまで、拙著『仕事と家族』が重版になりました。仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか (中公新書)作者: 筒井 淳也出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2015/05/22メディア: 新書この商品を含むブログ (26件) を見るまた、不動産協会…

『計量社会学入門』出版のお知らせ

企画開始から3年余、ようやく世に出ました! 基礎手法、分野別研究解説、用語解説など充実した内容です。計量社会学の全体の姿を把握できる数少ない本だと思いますので、ぜひ教科書、参考書等でのご活用を検討ください。計量社会学入門―社会をデータでよむ作…

研究会のお知らせ:「社会科学における因果性」(追記あり)

(23日に追記。)まだ全然席に余裕あるので、直前までメール待ってます!(懇親会は予約しちゃいましたが。)(8日18:00に追加情報あり。)下記の要領で研究会を開催しますので、お知らせいたします。報告タイトル:社会科学における因果性―現代科学哲学の観…

新刊案内『仕事と家族』

(5/16に追記)5月25日発売予定の新刊の案内です。ここ最近いろんなところで書いてきたことに、いくつか新しい論考を加えています。仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか (中公新書)作者: 筒井 淳也出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2015…

『比較福祉国家:理論・計量・各国事例』

下記の本で、ひとつの章を執筆させていただきました。比較福祉国家: 理論・計量・各国事例作者: 鎮目真人,近藤正基出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売日: 2013/12/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る担当したのは、 第II部 福祉国家の計…

Stata第2版ウェブサイト移転

都合により、『Stataで計量社会学入門[第2版]』のウェブサイトを移転しました。以降は下記をご使用ください。http://www.ritsumei.ac.jp/~tsutsui/stata_econ_2/Stataで計量経済学入門 第2版作者: 筒井淳也,水落正明,秋吉美都,坂本和靖,平井裕久,福田亘孝出…

明治大学で講演

日本社会学会の前日、明治大学(ジェンダーセンター)で講演します。 日時:10/11(金)、17:00(16:40開場)。 場所:リバティータワー16F1165教室。 テーマ:「国際比較のなかの結婚と女性労働」。 概要:世界の他の先進国とくらべたとき、日本の家族、結婚…

計量分析手法研究会のお知らせ

主に社会学や経済学の分野で使われている比較的新しい計量分析手法について、実際にその手法を研究で使っている研究者が、その根本的な発想、推定の仕組みなどから解説をする研究会を開催します。研究内容ではなく、あくまで「手法」に関する研究会です。手…

OECDデータ講習会の告知

2月16日(水)に、立命館大学衣笠キャンパスにOECD東京センターの方をお呼びして、データについての講習会を行います。興味のある方は、チラシにある連絡先までご一報ください。(かなりの人数に対応できる予定ですが、万が一希望者多数の場合は、先着順にし…